ピンクコンパニオンはなぜ人気なのですか?キャバクラとの違いは?

ピンクコンパニオンを呼んで、気軽に楽しくエッチを楽しみながらという遊び方が人気です。

キャバ嬢とはどう違うのか、お話ししておきます。

■人気の理由は性風俗並みの遊びができるから。

ピンクコンパニオンが人気なのは、言ってしまえば際どい遊びができるからです。

性風俗ではありませんが、その場の雰囲気が許せば、あるいはピンクコンパニオン嬢と客が合意すれば何でもOKというような運びもアリです。

実際には性風俗ではありませんので違法ですが、いわゆる宴会やパーティの流れで“本番突入!”なんてことも日常茶飯事です。

むしろそれが目的で派遣依頼が増えています。

■キャバ嬢もピンクコンパニオンも立場は同じ。

キャバクラは風俗営業なので、客の横の席に座ってビールを注いだりお酌をしたりができます。

ピンクコンパニオンも同じです。

宴会の席で客と客の間に入って、昔で言えば酌婦のようなこともできます。

エッチな遊びが過ぎて、性的なサービスまで行ってしまうというのは違法行為になります。

しかしそれは現地における客との取引で、派遣会社は関与していないことになっています。

■キャバ嬢だって、気が合って店外に誘い出せばそれなりのことは楽しめます。

ピンクコンパニオンも同じです。

大差はありません。

ピンクコンパニオンもキャバ嬢の行為も、監督官庁への届け出が同じなら、同じ位置づけです。

エッチな遊びや行為に移行できるかどうかは、どちらもそのときのお互いの気持ちや流れによります。

もっともソレ目的の殿方が大半ですが。

コメントは受け付けていません。