ピンクコンパニオンを呼んでホテルの客室に来てもらうことは可能?

ピンクコンパニオンをホテルの客室に呼ぶという行為は、法律上からするとNGです。

大人の解釈と筋道が必要になります。

その辺をお話ししておきましょう。

■表向きはNGなのでプロセスを活用する。

ホテルの客室にピンクコンパニオンを呼んでしまうというのは、見方によってはデリヘルのような性風俗になってしまうので、表向きはアウトです。

ただし複数人の男子とピンクコンパニオンで、ホテルのラウンジなどで飲食し、その後に個別の客室へというのであればOKです。

あとは派遣会社のポリシー次第です。

エッチはけしからんというようなピンクコンパニオン派遣会社だったら、このような商売はしていないでしょう。

■風俗業と性風俗の違いを理解しておくこと。

エッチをするのはピンクコンパニオン嬢の勝手というのが、イザというときの派遣会社の言い分です。

会社とピンクコンパニオン嬢との契約は、風俗業の範囲なので表向きはそうなります。

ピンクコンパニオン嬢は、会社の知らない時間外に勝手にそのようなみだらな行為を行ったことになります。

時間外であれば会社とは無関係で、ピンクコンパニオン嬢も、職業として行った行為ではないと言い張れます。

■お酒とエッチの両方がしたいのは、殿方であれば誰でも大半はそうです。

法律は使いようなので、その辺は暗黙の了解でいきましょう。

要するに、ピンクコンパニオン嬢とエッチできるかどうかは、当人同士の問題であるのと、利用者が法律を理解して遊んでいるかです。

見つかった時に、どうするか、法律上の解釈と言い訳を用意しておきましょう。

コメントは受け付けていません。