ピンクコンパニオンとエッチを、警察はなぜ取り締まらないの?

ピンクコンパニオンとのエッチは当たり前かもしれませんが、エッチの程度は利用者それぞれです。

法律の解釈と実際の取り締まりについてお話ししておきましょう。

■目こぼしもあり、法律スレスレの問題もあり。

「ピンクコンパニオン嬢とのエッチは常識」という意見はその通りだと思います。

しかし誰もがみなそうかといえば、エッチにもいろいろな遊び方があって、王様ゲームや野球拳で終わっている利用者もいます。

風俗営業の届出を派遣会社が出していれば、この程度のことは違法の範疇であっても目こぼしされます。

本番のエッチでも、会社が関与していないのであれば、取り締まりはできません。

■派遣会社とピンクコンパニオン嬢との契約。

派遣会社はピンクコンパニオン嬢と契約を結んでいますが、それはあくまでも風俗営業法の範囲での契約であって、性的サービスまで強要するような契約は結んでいません。

本番エッチをするのは本人の勝手なので、警察も取り締まりができない状態です。

またそのことまで、いちいち警察が細かく取り締まれない事情もあります。

人員不足です。

他に取り締まるべき案件が山積みされていますから。

■法律的には限りなくブラックでも、善悪、大人同士の裏の事情や行いがあります。

世の中、正義だけでまるく収まるものではありません。

風俗の問題も、交通違反や飲酒、政治の世界の問題まで、言ってしまえばどれもグレーな解釈とやりとりで共存しています。

ピンクコンパニオン嬢がいけないと言ってしまったら、世の中の男子はどうすれば良いのでしょう。

大人としてのギリギリの解釈が必要ではないでしょうか。

こんな驚きの記事も…風俗営業、「性」を除けば減少の一途 年寄り増えて衰退に拍車

コメントは受け付けていません。